自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-10-12
東京都港区に新社屋が完成  ヤナセ
販売 (ディーラー/エコカー/新商品)カテゴリ:販売 (ディーラー/エコカー/新商品) 2012-12-05配信 |
| 印刷画面 |
 ヤナセは11月15日、2011年5月から建て替えを進めていた社屋が竣工したと発表した。
 新社屋は地上6階建てで、延べ床面積2万3975平方メートル。全館LED照明を導入したほか、人感センサー・昼光利用による照明消費エネルギーの削減、太陽光パネルによる電力供給、雨水利用システムの設置、屋上・壁面緑化による熱負荷軽減など、環境と省エネを考えた設計が特徴。耐震構造や自家発電装置も取り入れ、災害時の事業継続性にも配慮した。
 ショウルームの規模は展示可能台数新車33台、中古車23台、サービス工場の作業ベイ数は四輪作業エリア72ベイ、二輪作業エリア3ベイ、駐車スペースは493台分を確保し、自動車販売店としては国内最大規模。これまで分散していた取り扱いブランドごとのサービス工場とパーツ倉庫を効率的に再配置して生産性を高めた。さらに、板金塗装工場やカーケア施工スペースも併設することで、新車と中古車ともに購入からアフターサービスまでワンストップのトータルサポートが可能となった。
 12月1日には、新社屋で「ヤナセ東京支店」(メルセデス・ベンツ東京芝浦)と「ヤナセオートモーティブ東京支店」(Audi 芝浦)がグループの旗艦店として営業開始。新車展示スペースの大幅拡張により営業機能を強化するとともに、機能的なレイアウトでサービス向上の生産性を高めた。輸入車中古車23台が展示可能な「ヤナセ ブランドスクエア芝浦」も同日、営業を開始した。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire