自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-11-16
EV集配車、環境先進地へ重点的に導入 ヤマト運輸
物流カテゴリ:物流 2012-12-14配信 |
| 印刷画面 |
 ヤマト運輸は1月末から、先進的な環境活動を行っている地域や世界遺産などの環境に配慮しなればならない地域を中心に、EV集配車70台を随時稼働させる。
 導入するのは、三菱自動車工業の軽商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」。2011年5月に100台を発注し、現在、東京都内や京都市内で30台が稼働している。車両には、ヤマトグループ全体で取り組んでいる環境保護活動の総称「ネコロジー」を象徴するデザインを採用。初めて目にする人にも「ネコロジー」「EV」「ヤマト運輸」が伝わるよう工夫した。
 主な導入地は埼玉や栃木、新潟、鹿児島の各県などで、地域別には北海道1台、関東22台、信越10台、中部7台、関西13台、中国7台、四国3台、九州6台、沖縄1台。自治体と連携した事例としては、さいたま市のEV普及促進に向けた取り組み「E-KIZUNA Project」(イー・キズナ・プロジェクト)に参加。同市内に軽商用EV3台を導入し、協働でEVの初期需要の創出とEVを活用した新たなビジネスについても検討していくという。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire