自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-10-20
北九州でFCEV実証実験 ホンダ
販売 (ディーラー/エコカー/新商品)カテゴリ:販売 (ディーラー/エコカー/新商品) 2013-04-10配信 |
| 印刷画面 |


 ホンダは4月9日、福岡県北九州市が取り組んでいる「北九州スマートコミュニティ創造事業」の一環として、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」から家庭へ電力を供給する共同実証実験を開始すると発表した。
 北九州市環境ミュージアムの敷地内にある北九州エコハウスに「FCXクラリティ」から電力を供給。電力の平準化に向けた新たな方策を探る。
 地域と連携したコミュニティ・エナジー・マネジメント・システム(CEMS)ネットワークにも電力を供給し、市内にある地域節電所で車と電気エネルギーを融通し合うビークルトゥホームの効果検証も行う。
 さらに、「FCXクラリティ」を実験用車両として様々な状況で活用。実際の都市環境下でのCO2削減効果のほか、緊急時における移動可能な発電設備としての実用性も確かめる。
 「FCXクラリティ」は、一般家庭のおよそ6日分の使用電力を供給できる最大出力9kwの外部給電機能を装備。実験用車両の納車に伴い、北橋健治・北九州市長とホンダの山本芳春・取締役専務執行役員が出席し、オープニングセレモニーを実施した。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire