自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-11-16
「リーフ」に認定中古車制度  日産
販売 (ディーラー/エコカー/新商品)カテゴリ:販売 (ディーラー/エコカー/新商品) 2013-07-24配信 |
| 印刷画面 |

 日産自動車7月23日、「リーフ」の「認定中古車」制度を始めると発表した。良質な中古車を「認定中古車」と位置付けて顧客に提供し、より安心して利用してもらうことを目的に導入する。
 認定中古車は、一定の品質を守るための「認定基準」をクリアした良質な車両に「認定車特典」を付加したもの。購入販売会社から「認定証」も発行する。
具体的な認定基準は、(1)バッテリー容量計が12セグメント(新車時から1セグメントも減っていない状態)の車両(2)事故修復歴(日本自動車査定協会基準)がない車両(3)外観傷や内装傷、故障部位について補修、修復済みの状態の車両(4)走行距離5万km未満の車両(5)初度登録年月日からの経過が4年(48ヶ月)以内の車両――を全て満たす必要がある。
認定車特典としては、5年10万kmまでのバッテリー容量を保証するとともに、「EVバッテリー使い方診断」を施工。バッテリー容量の計測を行うほか、より長持ちさせるための使用方法をアドバイスする「バッテリーアドバイスシート」も作成して配布する。
 また、リーフ認定中古車をより長く安心して乗ることができるよう、EV用の定期点検・整備がパックされた「メンテプロパック」を無償で提供する。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire