自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-11-16
EV充電インフラ普及で協力  国内自動車メーカー4社
販売 (ディーラー/エコカー/新商品)カテゴリ:販売 (ディーラー/エコカー/新商品) 2013-08-05配信 |
| 印刷画面 |
 トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車工業の自動車メーカー4社は7月29日、電動車両(PHV・PHEV・EV)の充電器設置活動における連携と、利便性の高い充電ネットワークサービスの構築を共同で実現することを目指すことで合意したと発表した。
 電動車両の普及には、充電インフラ設備の早期普及が不可欠と判断。政府の補助制度を活用し、各社が費用を一部負担しながら設備の普及を図っていく。合わせて、各社が出資している既存の充電サービス会社と連携し、利用者にとって使いやすく、利便性の高い充電ネットワークの構築にも取り組む。
 各社の調査によると、国内の充電器数は急速充電器1700基、普通充電器3000基強にとどまる。また、複数ある充電サービスの連携も不十分なため、利用者が安心して使える環境が整っていないのが実情だ。
 このような中、政府は「次世代エネルギーを活用した電動車両の普及のためには充電インフラ整備が早急に必要」として、今年度の経済対策で1005億円の充電器設置補助金を打ち出した。
従来、各社は個々に設置者の開拓を行ってきたが、インフラの公共性の高さと「政府の補助金支援期間内にスピーディに設置を推進していく必要がある」との共通認識から合意に至ったという。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire