自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-09-13
ZMP、走行ログ再生機能搭載車載CANデータ送受信機販売開始
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2014-03-18配信 |
| 印刷画面 |
株式会社ゼットエムピー(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は3月14日、当社の2チャンネルCANデュアルBluetoothトランシーバ「カートモ® UP PRO 2014」に走行ログ再生機能を付加するオプションソフトウェア「カートモ® UP PRO Player」の販売を開始した。

本製品は、クルマに搭載されている診断用コネクタ OBD II を利用して車載 ECU の情報(OBD II 情報および流れるすべてのCAN 情報)を CAN バスから取得すると同時に、ユーザが車両や運転者に取り付けた任意のセンサ情報を別の CAN バスから取得することができる。デバイス内には、最新の MEMS 6 軸センサ(3 軸加速度センサ+3 軸ジャイロセンサ)も搭載、車両の挙動を合わせて取得することが可能となっている。
本ソフトウェアでは、実際の走行時に保存したログデータをテストベンチデータとして利用することができ、実車走行時に取得したデータを用いて、アプリケーションのテストを繰り返し行うことが可能なため、実車走行の回数を減らすことが可能となる。また、危険な運転操作など、再現を行いにくいデータを利用するアプリケーションの開発やテストをスムーズに行うことが可能となる。

価格は、オプションソフトウェア込みの「カートモ® UP PRO 2014&Player」が、一般 12 万円(税別)、アカデミック 9 万円(税別)、すでに「カートモ® UP PRO」をお持ちの方向けのオプションソフトウェア「カートモ® UP PRO Player」の価格は 3 万円(税別)で、受注を開始している。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire