自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-10-12
日産自動車、2014年パリモーターショー出展概要
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2014-10-03配信 |
| 印刷画面 |
○新型「パルサー」を欧州Cセグメントに投入
・斬新な新型5ドアハッチバック
・日産クロスオーバーのDNAを継承し設計・開発
・クラストップの広さとなる後席ニールームを持つキャビン
・セーフティーシールド、アラウンドビューモニターなどの高性能仕様

○「パルサー ニスモ コンセプト」、最新型「370Z NISMO」など、幅広いニスモラインナップを披露
・コンセプトカー、「パルサーニスモコンセプト」を世界初公開
・フルモデルチェンジした最新型「370Z NISMO」を欧州初公開

○欧州市場で勢いを増す日産自動車
・過去12か月間に新型12モデルを投入
・英国、ロシア、スペインの工場で生産拡大
・「e-NV200」の欧州市場投入により、電気自動車でグローバルリーダーシップを強化

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、2014年パリモーターショー(プレスデー:10月2日〜3日、一般公開日:10月4日〜19日)で、新型「パルサー」を公開します。同車は、欧州市場トップクラスのクロスオーバーを作り上げたユニークな開発アプローチと哲学により設計・開発し、日産ブランドの商品として欧州市場のCセグメントに再投入します。

パワフルな1.6DIGターボエンジンを搭載したダイナミックかつスポーティなモデル「DIG-T 190」も世界初公開致します。

また、更なるパフォーマンスの追求をテーマにしたコンセプトカー「パルサーニスモコンセプト」は、パリモーターショーで世界初公開致します。同車は、新型「パルサー」が持つスポーティモデルの可能性を示しながら、ニスモ独自のレーシングカーテクノロジーに裏打ちされた空力性能、パフォーマンスの向上を、斬新的なデザインで表現したモデルとなっています。

パリモーターショー出展概要
新型「パルサー」
日産クロスオーバーモデルのDNAを継承し、開発した新型「パルサー」の投入は、日産の欧州市場におけるエキサイティングな新しいストーリーの始まりとなります。Cセグメントカーを購入するお客さまの特別な要望に応えるため開発した同車は、後部座席の広い足元スペースといった高い実用性と、セグメント初となるアラウンドビューモニター、移動物検知機能、LEDヘッドランプ、エマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報などの先進技術を搭載したモデルです。

新型「パルサー」のエンジンは、3タイプあり、最もパワフルな1.6DIGターボエンジンは今回初公開となります。最大190馬力を実現した「パルサー DIG-T 190」は、最上級グレードとして、本来のスポーツ性能を更に強化するために開発致しました。

「パルサーニスモコンセプト」
世界初披露する「パルサー ニスモコンセプト」は、新型「パルサー」が持つパフォーマンスの可能性を示唆します。同車は、日産がニスモロードカーラインナップ拡大のために追求をしている、ニスモレーシングカーテクノロジーをエキサイティングな手法で取り入れた斬新的なデザインスタディモデルです。同車は、パルサーのスポーティモデルとしての可能性を追求しています。

370Z NISMO
高性能なパフォーマンスをお手頃な価格でお客さまに提供したいという日産の思いを、欧州にて初披露する新型「370Z NISMO」が、体現しています。ニスモのスピリットと開発ノウハウを用いて大幅に改良した新型「370Z NISMO」は、切れ味があり、より魅力的なドライビングをお客さまに提供します。

ジュークニスモRS
12月の発売に先駆けて、パリモーターショーに登場する新型「ジュークニスモRS」は、ジュークニスモの歴史におけるエキサイティングな第2章の幕開けとして、拡大するニスモロードカーのラインナップを更に強化します。最大出力218馬力となるエンジン性能の向上に加え、よりシャープなシャシーや、パワフルなブレーキの搭載、オプション装備の充実など、新型「ジュークニスモRS」は、日産の人気コンパクトクロスオーバーに照準を合わせた更に高性能なモデルとなっています。

日産アイディーエックス フリーフロー&アイディーエックス ニスモ
2014年パリモーターショーが欧州デビューとなる「アイディーエックス フリーフロー」と「アイディーエックス ニスモ」は、革新的な商品開発手法を取り入れたモデルです。バーチャル・リアリティ―・テクノロジーという斬新な手法を用いて、日産は開発プロセスをオープン化してきました。「アイディーエックス フリーフロー」と「アイディーエックス ニスモ」は、日産と、1990年代以降に生まれたタッチスクリーンやSNSが当たり前と考える世代であるジェネレーションZ(Z世代)がコ・クリエーション(共同創造)したモデルです。両モデルは、実験的な新しい商品開発プロセスを用いて、次世代カスタマーの夢や希望、デザインアイデアを反映したモデルとなっています。

欧州市場で勢いを増す日産自動車
日産は、過去12か月で12の新車を投入した他、工場の高稼働率化、電気自動車のグローバルリーダーシップの強化、4年間のUEFAチャンピオンズリーグのスポンサーシップなどを通じて、欧州自動車市場の成長を牽引しています。日産は、2016年までに欧州におけるアジアナンバーワンブランドとなることを目指し、昨年度はほとんどの市場で市場シェアを向上させました。昨年の欧州全域におけるシェアは3.9%で、販売台数はインフィニティブランドを含めて約676,000台でした。今年は、78万台の販売を目指します。その内、フランスは15%を占め、ロシア、英国に次ぎ日産の欧州販売台数で3番目に大きな市場となります。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire