自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-11-16
2014年11月の世界新車販売台数は8,700万台弱
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2014-12-16配信 |
| 印刷画面 |
2014年11月の世界新車販売台数は年率換算で8,700万台弱-グローバル新車市場トレンド
英LMC社2014年11月の世界自動車販売台数を発表

・11月のグローバル・ライトビークル(乗用車・小型商用車を指す。中大型商用車を除く)販売は、前年同月比0.8%減と2013年3月以来初めてマイナスになった。10月の季節調整済み年率換算販売は過去最高の8,800万台/年超となったが、11月の季節調整済み年率換算の販売は8,700万台/年をやや下回る結果となった。
・中国、北米、西欧の需要は前年同月比で増加を続けているが、東欧はロシア政府による支援があるにもかかわらず、懸念が残る。また、日本とアルゼンチンも販売が急減した。


北米

・米国ライトビークル販売は11月も増加を続けており、季節調整済み年率換算の販売は1,710万台/年となった。2014年通年の販売は1,650万台近くに達すると予測している。民間部門の消費者心理向上と賃金上昇で2015年も経済成長が続くと想定すれば、更なる市場の拡大が予測される。
・カナダの11月のライトビークル販売も好調で、2014年通年の販売は180万台を超えることが確実となった。

欧州

・11月の西欧市場は前年と比べて営業日が1日少なかったために、回復のペースがスローダウンした。季節調整済み年率換算の販売でみると、10月に1,400万台/年超まで拡大した後、11月は1,390万台/年を少しだけ下回る結果に終わった。しかし、2015年に向かって西欧市場は更なる市場拡大を続ける方向は変わっていない。
・11月の東欧のライトビークル市場は前年同月比1.6%減とまたマイナスになったが、2014年前半の減少幅よりは小さくなっている。ロシア市場は年前半の悲惨な販売状況の後、季節調整済み年率換算の販売が上昇した。政府のスクラップ・インセンティブスキームとルーブル下落に起因する価格急騰を予想した自動車購入の前倒しの要因に支えられたことによる。

中国

・速報値によれば、11月の季節調整済み年率換算販売は2,410万台/年となり、10月の下方修正した年率換算販売から1.5%増加した。しかしながら、乗用車は販売増加が続いている一方で、小型商用車は減少が続いている。
・今年の小型商用車販売は前年同期比で5%近く減少しているが、その要因として、次第に人気が高まってきているローエンドのMPV車がミニバス車の販売を奪っている事実がある。また、減速しつつある経済と、中国の排気規制「国4」(Euro 4)の適用をめぐる不確実性も小型商用車販売減少の要因である。乗用車では、最近の在庫が増加しているのが懸念材料である。

アジア(中国以外)

・日本の11月販売は前年同月比9.1%減となったが、季節調整済み年率換算でみると4月の消費税増税後にもかかわらず堅調な状況が続いている。11月の季節調整済み年率換算販売は520万台/年と所得の上昇が伸び悩んでいるにもかかわらず過去6カ月で最高となった。株式市場の上昇、燃料価格の下落、政府の第2回目の消費税増税の延期発表が、消費者の消費意欲を高めたのかもしれない。
・韓国の11月の季節調整済み年率換算販売は、拡張的な財政政策と金融政策に支えられ、160万台/年まで上昇した。しかしながら、高レベルの販売を持続させるのは、韓国の大きな輸出と製造部門が不調なままであるため難しいだろう。

南米

・ブラジル市場は低迷した状況のままであるが、11月の季節調整済み年率換算販売は予想を少し上回る330万台/年だった。おそらく工業製品税(IPI)の減税政策が12月末で終了することから駆け込み需要があったと思われる。新しい財務相は、緊縮型の財政政策を採用する計画で、もし実行されると少なくとも短期的には自動車販売は減少するだろう。
・変動が激しいことで有名なアルゼンチン市場は、7月末の国家債務によるデフォルトにも抵抗力を示した後、11月は販売が急落した。11月の季節調整済み年率換算販売は、過去5年で最低の51.8万台/年で、10月から15%近く減少した。悪化する経済は新車販売がさらに減少するかもしれないことを示している。


----------------------------------------------------------------------------------------
マークラインズ株式会社は、LMC Automotive社の日本総代理店として同社の予測サービスをご案内しております。ライトビークル、中大型商用車、HV/EV、エンジンタイプ、トランスミッションタイプ、新興国市場など、多様な切り口で将来7年間に渡るより詳細な予測データもご提供しております。詳しくは下記リンク先をご覧ください。
http://www.marklines.com/ja/forecast/#services
【お問い合わせ先】
マークラインズ株式会社 調査部 石井 中野
Tel: 03-5785-1385
Email: LMC@marklines.com
------------------------------------------------------------

【LMC Automotive Ltd.について】
LMC Automotiveは、JD Power社の自動車予測部門を前身とし、自動車、パワートレイン分
野の生産・販売予測サービスを専門的に提供する調査・コンサルティング会社。英国オックスフォードに本社を置き、自動車メーカー、部品メーカーを中心に金融機関、政府機関含め、世界の500を超える顧客に幅広く予測サービスを提供している。海外拠点はデトロイト、上海、バンコク、フランクフルト、パリ。自動車台数予測に加え、個別の調査・コンサルタント業務も提供している。

【マークラインズ株式会社について】
自動車産業ポータルhttp://www.marklines.comを運営し、会員企業向けに台数等各種統計のほか、全世界4万社におよぶ部品サプライヤーのデータベースとその詳細なレポート、モデルチェンジ計画を含む製品動向、環境規制・法規制動向、人事情報、業界関連ニュースなどを有料で提供している。現在、日本語・英語・中国語の3言語にてサイトを展開しており、日本内外の1400社が利用し、サイトを閲覧している会員は10万人におよぶ。
------------------------------------------------------------



自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire