自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-09-13
DHL、仏リヨンで水素燃料電池搭載車の運用開始
物流カテゴリ:物流 2015-03-11配信 |
| 印刷画面 |
シンビオFCellは3月9日、DHLと提携し、仏リヨンで水素燃料電池搭載ゼロエミッション配送車の運用を開始したと発表しました。

DHLは欧州水素ロードマップの策定を狙ったHyWayプロジェクトの一環として、シンビオFCellの水素燃料電池レンジエクステンダーを搭載したルノー・カングーZEを採用、3日から18か月間にわたってリヨン中心地で配送に利用します。

電池と水素を併用することで、バッテリーによる走行距離が120キロから300キロ以上に延びるため、DHLエクスプレスは二酸化炭素排出や騒音汚染を引き起こすことなく、リヨンで配送業務を行うことができます。

ルノー・カングーZE車は、バッテリーの容量と稼働時間を倍増する5キロワットの水素燃料電池レンジエクステンダーを装備しており、最大容量1.7キロの水素を完全装てんすると、典型的な電気自動車モデルの3倍となる300キロを自力走行できます。燃料装てんは3日から4日ごとで済み、プロジェクト向けにリヨンとグルノーブルに建設した2か所の水素ステーションのいずれかを使用するとのことです。

車両は今後、週当たり400キロを走行し、大気中に放出される二酸化炭素73キロ相当を低減させます。1年当たりの二酸化炭素の総低減量は3.8トン近くになるとのことです。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire