自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-10-20
デマンドタクシー導入 宮城県大和町
交通・観光(バス/タクシー/レンタカー)カテゴリ:交通・観光(バス/タクシー/レンタカー) 2015-04-05配信 |
| 印刷画面 |
宮城県大和町は本年度、利用者が少ない町民バスの路線を大幅に縮小し、新たな交通手段としてデマンドタクシー(予約制乗り合いタクシー)を導入しました。1日に運行が始まり、第1便が町役場を出発しました。

タクシーは町中心部と周辺4地区を結び、平日の午前6時50分〜午後5時に計10便走ります。利用したい便を予約すれば自宅近くから乗車でき、それぞれの目的地を経由して順に降車する仕組みです。登録制で予約は先着順。運賃は1回300円、小中学生100円。

タクシーは利便性を向上させ、公共交通の利用者を増やすのが狙いとのことです。運行開始式で浅野元町長は「バスに乗りにくかった人も楽になる。運行内容をさらに充実させたい」と話した。

町民バスは1999年に運行が始まり、ピーク時には年間約2万7000人の乗客がありました。その後、スクールバスの導入などに伴い利用が減少。2013年度には約1万8000人に落ち込みました。路線によっては1便当たりの乗客が1〜3人と低迷していました。

バスは全9路線中8路線を廃止します。宮床線は存続し、便数を4から11に増えるそうです。路線もこれまでのもみじケ丘から、宮城大まで延長するそうです。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire