自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-09-13
日本RV協会 「第3回世界RV会議」に参加
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2015-04-10配信 |
| 印刷画面 |
キャンピングカー市場の育成や発展を目指す 一般社団法人日本RV協会は、2015年3月25日〜3月27日に開催された「第3回世界RV会議」に参加し、各国のRV関係者と意見交換が行われました。
世界RV会議の目的は、世界の主要キャンピングカー生産国が集まり、自国のキャンピングカー事業の現状を相互に報告し合いながら、世界のマーケット動向を調査したり、共通の課題に取り組んだりすることにあり、それぞれの国のRV産業の生産性を高め、ユーザーに健全で安全なRVライフを提供するところにあります。

第3回目となる本会議では、前会議から引き続き、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本、中国が参加した他、今回はニュージーランドも出席しました。

会議においては、参加各国のRVの保有台数・生産(販売)台数などの最新情報が公開され、現在の世界中におけるRVの普及状況が浮かび上がりました。
 それによると、総保有台数では、950万台(年間生産数35万7千台)を誇るアメリカがトップに立ち、以下 ヨーロッパ(保有台数549万台・年間登録数13万7千台)、カナダ(保有台数100万台・年間販売数5万2千台)と続き、日本は、保有台数8万5千台(年間生産数4千4百台)で5番目となりました。

今回の世界RV会議では、化石燃料の枯渇への危惧、地球の温暖化などから燃費性能の良いキャンピングカーの開発というテーマが討議され、キャンピングカーのダウンサイジングに対する各国の関心が高まりましたが、そのなかで日本の軽キャンピングカーに興味を寄せる人々が多く、日本のユニークな車両開発が評価されました。

また「道の駅」のような、ある程度のセキュリティーが保証された公共空間で、キャンピングカーが無料で休憩・仮眠できるという日本独特のインフラ整備も諸外国のRV関係者の関心を集めました。

さらに、ユーザーの高齢化が進んでいる欧州等と比べて、ファミリーユースに適したキャンピングカーも盛んに造られている日本の開発姿勢が、「次世代のキャンピングカーユーザーを育てることに貢献している」との評価も受けました。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire