自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-11-16
デンソー、日本自動車部品総合研究所を移転
整備(修理/板金/塗装/車検)カテゴリ:整備(修理/板金/塗装/車検) 2015-04-15配信 |
| 印刷画面 |
デンソーは4月15日、研究開発体制の強化を図るため、当社のグループ会社で自動車に関連する製品の研究開発を行う日本自動車部品総合研究所を、愛知県日進市に移転すると発表しました。2016年4月から、順次、移転および施設工事を開始する予定です。

今回の移転は、デンソー基礎研究所に隣接する土地および建屋を日本電気から取得するもので、既存の建物を使用するとともに、試作・実験棟および、パワトレ実験棟を新設します。今回の土地・建物の取得に伴う投資額は約60億円とのことです。

日本自動車部品総合研究所は、排ガス低減と自動車の安全についての社会的要請に応えることを目的に1970年11月に設立されました。今回の移転を機に、人員の増強や設備の更新を行い、研究体制の一層の強化を推進していきます。

デンソーは今回の発表に際して「基礎研究所において、次世代半導体や先端機能材料などの研究を行っています。今回、高度な計測技術や解析技術を持つ日本自動車部品総合研究所が移転、隣接することで、より連携を密にするとともに、自動車の安全性・環境性能・快適性の向上に必要な先進技術・製品の研究・開発を強化し、環境負荷と交通事故がゼロになる社会の実現に貢献していきます」とコメントしています。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire