自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-05-11
トヨタ、SDLを用いた車載システムを商品化
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2016-01-05配信 |
| 印刷画面 |
トヨタ自動車(株)は、フォード・モーター・カンパニーおよびその子会社リビオ社と、同社の「スマートデバイスリンク」の展開で協力すべく、共同で仕様開発・運営を行う枠組みを構築することで合意しました。今後、他の自動車会社やアプリ開発会社にも、参画を呼び掛け、また、トヨタとしても今後、SDLを用いた車載システムを商品化する予定です。

SDLは、スマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソースプラットフォームであり、ユーザーは、車載の音声認識機能や操作パネルを通じ、車内でアプリを操作することができます。

2011年8月にトヨタとフォードは次世代車載テレマティクスの標準化に関する協業に合意。2015年6月に両社とリビオ社で、SDL導入に向けた検討に入ることで合意して以来、検討を重ねてきた結果、トヨタはSDLがクルマとスマートフォンアプリの連携に適したプラットフォームであると判断したということです。

SDLを用いることで、自動車会社はスマートフォンのアプリケーションを、自社の車載システムの特性やインターフェースに合わせて、より安全・快適に利用いただける形で提供することができます。また、SDLを採用する自動車会社が増えれば、アプリ開発者はSDLを用いて、複数社の車載システムと互換性のあるアプリを一度に開発できるため、短期間でより多くのアプリをユーザーに提供できるようになるということです。

トヨタの寺師茂樹副社長は「クルマの特性に合った、安全に、安心して利用いただけるスマートフォンとの『つながる』サービスを開発することが、自動車会社だからこそお客様にお届けできる価値だと考えている。そうした思いを共有する多くの会社が、SDL展開に向けた今回の取り組みに参画いただけることを期待している」と述べました。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire