自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-11-16
運輸安全マネジメントセミナー開く 近運局
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2017-10-20配信 |
| 印刷画面 |


神戸運輸監理部(吉田稔部長)は9月21日〜22日、神戸海洋博物館ホールで運輸安全マネジメントセミナーを開催した。講師の森本英樹・運輸省大臣官房、運輸安全監理官付、主任運輸安全調査官が、第1日目は「運輸事業者における安全管理の進め方に関するガイドライン」、第2日目は「ヒヤリ・ハット情報の収集・活用法(リスク管理)の理解を深めるために」と題して講演した。

ガイドラインについては、PDCAサイクルの有効活動で、事業者内部に安全文化が構築・定着すること。安全重点施策では「安全第一・事故0」などの例はスローガンであって、施策ではない。具体的には「事故削減目標10件」などとした。その他、安全総合管理者の責務の重要性について述べ、経営トップが安全管理に責任を任せた以上、権限(お金の部分も)をある程度任せることであるともした。

ヒヤリ・ハットの情報収集・活用では、1つの重大事故の背景に29の軽微な事故、その背景には300の異常(ヒヤリ・ハット)の法則では、ヒヤリ・ハットを多数収集し、分数・整理および傾向分析で重大事故の未然防止策が見出される。さらにヒヤリ・ハットの下に潜在的リスクも指摘した。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire