自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2018-10-16
近畿スマートエコ☆ロジ協議会 平成30年度総会を開催
物流カテゴリ:物流 2018-09-21配信 |
| 印刷画面 |


変革期を迎える運輸・物流業界で環境対応車普及の促進を図る

近畿スマートエコ☆ロジ協議会は27日、平成30年度総会を開催した。本協議会は、地球温暖化や窒素酸化物の排出など、物流に関わる環境問題に取り組み、近畿一帯における環境に優しい街づくりを目指して平成20年に結成された。国、地方自治体、学識者などが連携し、次世代自動車の普及、トラックでの共同輸送の促進などを行っている。

総会ではまず、平成29年度の協議会の事業報告を行った。各自治体やトラック協会が主催する環境フォーラムや「トラックの日」のイベントでエコトラックPRペーパークラフト配布活動、新規許可運送事業者指導講習会での環境対応車の導入促進など、一般市民を含めた幅広い啓発活動の実績を報告した。平成30年度は昨年の事業計画をベースに、より環境にやさしい街づくりの推進活動を強化していく方針だ。

特別セミナーでは、株式会社ボストン・コンサルティング・グループの森田章・パートナー&マネージング・ディレクター(以下、森田氏)が、「ドライバー不足による物流危機」と題して講演した。森田氏は、高齢化などによるドライバー不足に対して、EC(エレクトロニック・コマース)の普及や長時間労働の改善によってドライバー需要が高まっていることを指摘した。需要と供給のギャップが広がるなかで、森田氏は異業種間での共同配送やAIを活用したSCM(サプライチェーン・マネジメント)の効率化を提案した。物流業界がグローバル規模で変革しているなかで、これからの事業のあり方を問いかける内容となった。そのほか、参画団体の取り組み発表として、いすゞ自動車株式会社の鹿内和憲・NGV企画設計部チーフエンジニアが「いすゞ自動車の環境への取り組み」と題して講演した。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire