自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2018-11-29
第48回物流セミナーを開催 労働環境の改善を呼びかける (2/2)
物流カテゴリ:物流 2018-11-16配信 |
| 印刷画面 |

講師の嶋田憲嗣・兵庫労働局労働基準部監督課長は「働き方改革について」と題して、国内の労働環境の現状や働き方改革推進法について説明した。嶋田氏によると、日本の人口は減少しているにも関わらず、一般労働者の年間総実労働時間の推移は2,000時間台で高止まりしているという。年間総実労働時間は産業別では「運輸業」「郵便業」が最も長く、過労死等の労災補償についても民間雇用労働者の253件のうち、「運輸業」「郵便業」の占める割合は85件と高くなっている。労働環境の現状について説明した後に嶋田氏は、時間外労働の上限規制が導入される働き方改革法案について紹介した。

この講演に続き、井上智洋・駒澤大学経済学部准教授は「人工知能は未来の経済をどう変えるか?」と題して、Siriや自動運転車、Google翻訳などを例に、AIや人間の神経回路を模したニューラルネットワークの一種であるディープラーニングについて解説した。また機械の目の代わりとなる画像認識について紹介し、「今後は現状の1,000倍以上使われるようになり、経済・ビジネス・社会に巨大なインパクトを与える」と説明した。


前のページへ 1ページ目 1ページ目

自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire