自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2019-06-19
取引環境・長時間労働の改善に向けたセミナーを開催―近畿運輸局
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2019-04-05配信 |
| 印刷画面 |

近畿運輸局は2月15日、TKPガーデンシティ新大阪で「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたセミナー」を開催した。

初めに、栗原弥生・近畿運輸局自動車交通部部長は「我が国は人口減少が進む中、さまざまな問題が発生している。トラック運送業においてもドライバー不足、長時間労働など事業者の努力だけでは解決できない問題がある」と指摘し、「まずは荷主の理解と協力が不可欠である」とあいさつした。

セミナーでは3講演が行われた。まず、橋本恵一郎・国土交通省自動車局貨物課課長補佐が、「トラック業界を取り巻く昨今の動き」と題して講演した。橋本氏は、ドライバーの長時間労働の主な要因が荷主先での荷待ち時間であると指摘した。荷待ち時間をいかに削減するかを、事業者と荷主が一体となって取り組む必要があるとし、今年の7月から荷主都合30分以上の荷待ちは乗務記録の記載対象となることなどが示された。また、昨年7月に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」の交付により、時間外労働に罰金付きの上限規制が導入されたことで、自動車の運転業務においても平成36年度から規制が適用されると説明した。

次に、森川健・野村総合研究所上級コンサルタントが、「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」と題して講演した。講演ではガイドラインの概要説明と、改善に向けた全国の輸送事業者の取り組み事例を紹介。改善に向けたステップへと進む前に、事業者と荷主の双方が問題意識を共有し、話し合いの場を設けることが重要であると強調した。

最後に、大和紙器株式会社の吉成工場長と山田TFP推進室長が、「取引環境と長時間労働改善事例の紹介」と題して講演。大和紙器では2016年から長時間労働の改善に取り組んでおり、荷待ち時間の削減や得意先納品の効率化などの具体的な改善事例が示された。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire