自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2020-02-19
富士重工業 2011-2015中期経営計画“Motion-V”を策定
|
|
富士重工業は、コア事業である自動車部門“スバル”が、今後10 年以内に年間100 万台を越える販売を達成するという成長目標を掲げ、その基盤固めとなる2011 年度から2015 年度までの5 年間を対象とした中期経営計画“Motion-V(モーションファイブ)”を策定しました。
具体的には、ブランド戦略として、スバルがお客様に提供する価値を「安心と愉しさ」と定義し、その価値を高め、ファン層の拡大を目指します。商品面においてはスバルの強みである安全性能や走行性能、社会のニーズが高い環境性能の向上を図り、新型車3 車種やハイブリッド車を含め毎年新商品を投入して、商品ラインナップを拡充します。販売面では米国と中国を重点市場と定め、5 年間で約40%の台数増に挑戦し、生産面では販売台数に見合い、為替対応力を高める生産体制を構築します。
こうした活動で事業の規模を拡大し、さらに原価低減活動やアライアンス効果を組み合わせ、環境技術の開発投資、原価上昇、為替変動などのさまざまなリスクや環境変化を克服し、成長を目指す計画です。本中期経営計画では、これまで通り「お客様第一」を基軸におき、Confidence in Motion 〜信頼と革新〜
を行動指針として、諸課題の解決に取り組みます。
なお、本中期経営計画の初年度となる2012 年3 月期通期業績は、全世界販売台数が前年同期比3.6%減の633 千台、連結売上高14,800 億円(同6.4%減)、営業利益300 億円(同64.3%減)、経常利益250 億円(同69.6%減)、当期純利益350 億円(同30.4%減)を計画しています。想定為替レートは81 円/US$ 、115 円/EUROとしています。

【2011‐2015中期経営計画:数値目標】
◆2015 年度販売台数 90 万台
(北米38 万台、中国18 万台、日本16 万台、欧州6 万台、豪州5 万台、その他7 万台)
※販売台数は当社単独の完成車出荷台数と海外生産用部品出荷、およびOEM 出荷台数の合算
◆2015 年度連結営業利益 1,200 億円
(営業利益率 6%レベル、想定レート 90/US$、120/EURO、現行会計制度に基づく)
◆試験研究費総額2,500 億円、設備投資総額3,300 億円、減価償却費総額3,100 億円
※各金額は5 年間の合計
【Motion-V 5つのテーマ】
1.行動改革
◆行動指針Confidence in Motion 〜信頼と革新〜
・行動指針に貫かれたチーム全員の積極的な行動で、新中計の完遂を目指す
2.新たなスバルらしさの追求

◆新ブランド戦略
・スバルのブランド価値を高め、スバルの拡販につながるファン層を拡大する
◆技術力
・安全:危険回避、衝突安全、予防安全のオールアラウンドセーフティで世界のトップブランド
を目指す
・環境:全車系で環境対応パワーユニットへ刷新、燃費性能を約30%向上する
◆商品
・新型車3 車種の投入、2013 年のハイブリッド車の発売、先進運転支援システムEyeSight
搭載車の拡大など、商品力の向上と商品ラインナップの拡充を実現する

3.加速する規模の拡大
◆販売戦略
・米国と中国を重点市場と定め、経営資源を投下して大幅な拡販を図る
◆生産体制の構築
・生産能力、為替対応力向上のため、中国現地生産化を実現する
・軽自動車生産工場を乗用車生産工場へ刷新する (本工場)
・環境性能に優れた新型パワーユニットの生産を拡大する(大泉工場)
・マレーシアでのKD 生産を実現し、FTA を活用して成長市場へアプローチする

4.事業基盤の強化
◆品質の向上
・お客さま視点での品質レベルを向上するとともに、海外市場の広がりに対応しグローバル体制
を強化する
◆原価構造改革
・環境対応などの原価上昇の吸収を目指し、次期モデルで20%レベルの原価低減に取り組む
◆トヨタとの提携効果の追求
・開発 … 共同開発:FR スポーツを2012 年春に市場導入、さらに商品強化策を検討する
開発参画:次世代環境関連技術の開発参画によるシナジーを協議中
・OEM … 軽自動車:2012 年春に全車種をダイハツ製OEM 車に切り替える
コンパクトカー:トヨタ製OEM 車の商品力強化に関して検討を進める
・生産 … 北米:カムリの受託生産は継続する
日本:共同開発車FR スポーツを生産する

5.経営の質の向上
◆航空宇宙、産業機器、エコテクノロジー各カンパニー
・収益の確保を前提として、将来の事業の自立、成長を見極める
◆人材育成
・高い目標に挑戦し、グローバルで活躍する人材を育てる
・働き方の多様化を進め、従業員満足度を向上させる
◆コーポレートガバナンスの強化
・社外取締役を招聘し、独立役員を増強する
◆株主還元
・毎期の業績、投資計画、経営環境を勘案しながら、継続的な配当を基本としつつ、ROE の改善を視野に入れ、業績連動の考え方を取り入れていく


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire