自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2020-10-20
スズキ、軽量で材料着色化に優れた 自動車用ポリプロピレン樹脂材料を開発
|
|
スズキ株式会社は、従来のポリプロピレン(以下、PP)と比べて約10%軽量で材料着色化に優れた樹脂材料「スズキ スーパー ポリプロピレン(以下SSPP)」※1を開発し、7月11日に発売した「エスクード」の「スキッドプレート」に採用した。

近年、自動車用樹脂部品に対して軽量化のニーズが高まっている。また、環境負荷物質低減のニーズも高く、樹脂に着色剤や光輝剤を予め混合した着色樹脂で成形し、無塗装のまま使用する材料着色化が進められている。
従来の自動車用PP樹脂材料は、剛性と耐衝撃性を両立させるために、ベースとなるPP樹脂にタルク※2などの無機充填材とゴムを添加したものが主流となっており、このタルク添加が重量の増加や樹脂の透明性劣化による発色性の低下要因になっていた。
SSPPは、タルクを添加せず、高剛性のベースPP樹脂にスチレン系の熱可塑性エラストマー※3のみを添加して剛性と耐衝撃性を両立させたことが特長である。従来のPPと比べ曲げ剛性を同等としながら、タルク無添加のため重量を抑えることができ、同一形状部品で約10%の軽量化を実現した。さらに、材料の透明性が高まることで、材料着色化により優れた発色性が得られる。

「エスクード」に装着した「スキッドプレート」は、SSPPを世界で初めて※4市販車に採用したもので、SSPPの高い発色性により、無塗装で高輝度のシルバーメタリック色を実現している。塗膜がないため、走行中の飛び石などで傷がついても目立ち難く、塗料から大気に排出される揮発性有機化合物(VOC)が発生しないため環境負荷を低減できる。
SSPPは特許出願中の新技術であり、今後スズキは、SSPPを内装部品やバンパーなどの外装部品に用途を拡大していく。

※1 Suzuki Super Polypropyleneの略で、商標出願中
※2 滑石という鉱石を微粉砕した無機粉末。(比重2.7〜2.8)樹脂に添加することで剛性や耐熱性が向上する
※3 熱を加えると軟化して流動性を示し、冷却すればゴム状の弾性体に戻る性質を持つ工業用材料
※4 2012年7月現在、スズキ調べ


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire