自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-09-13
タント福祉車をフルモデルチェンジ  ダイハツ
販売 (ディーラー/エコカー/新商品)カテゴリ:販売 (ディーラー/エコカー/新商品) 2013-12-12配信 |
| 印刷画面 |


 ダイハツ工業は12月12日から、福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「タント・スローパー」「タント・ウェルカムシート」をフルモデルチェンジして発売を開始した。
 軽自動車の福祉車両はコンパクトなボディサイズや優れた経済性・利便性などが評価され、販売台数を着実に伸ばしてきた。その中でも、ダイハツの「フレンドシップシリーズ」は軽自動車福祉車両の中で約40%のシェアを獲得しているという。
 新型タントの進化した広さ・使いやすさやフラットなフロアなどのユニバーサルデザインを生かし、福祉車両としての使い勝手を追求。「スローパー」は、軽自動車で唯一のミラクルオープンドアと車外からもスライド可能な助手席による使い勝手の良さに加え、電動ウインチを標準装備した。
 「ウェルカムシート」は、ミラクルオープンドアのタントだけが実現できる大空間により、使用シーンに応じて選べる2種類の昇降パターンを設定。福祉用途のユーザーに加え、日常の乗り降りを楽にしたい日常用途のユーザーまで、幅広い要望に応えた。
 カスタムグレードを初めて設置したほか、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を全グレードに装備。価格設定も見直し、入り口価格を「スローパー」で約15万円、「ウェルカムシート」は約17万円値下げした。
 価格は「スローパー」が142万円〜178万円、「ウェルカムシート」は155万6000円〜181万3000円。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire