自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-03-14
OBDポートを利用しないテレマティクスサービスを実現
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2016-03-09配信 |
| 印刷画面 |

モビリティIoTベンチャーのグローバルモビリティサービス(以下GMS)は2月26日、新型プリウスのテレマティクスサービスを今春より開始すると発表しました。各企業へGMSの製品提供も開始します。

GMSは、自動車のリアルタイム位置情報収集、指定エリア侵入検知、危険運転検知、盗難検知等のサービスを、新型プリウス(ZVW50, 51, 55系)を対象に提供します。

従来の一般的なテレマティクスサービスは、自動車の故障診断時にディーラーが活用するための点検口である"OBDポート"に機器を接続し、サービス提供されるものが主流です。
しかしOBDポートへの機器接続はセキュリティ上の懸念が指摘されています。昨年12月発売の新型プリウスにおいては、第三者によるOBDポートの利用が不可能となりました。

また、2015年には国土交通省「次世代運行管理・支援システムについての検討会(委員長:日本自動車研究所 永井正夫所長)」にてOBDポートの使用を「推奨しない」ことが合意されました。

GMSは独自開発の車載IoTデバイス"MCCS mini"を用いて、OBDポートを使用しない画期的なテレマティクスサービスを提供します。GMSが保有するIoTプラットフォームシステムの情報解析アルゴリズム機能を活用することで、OBDポートを使用せずともユーザーに求められるテレマティクスサービスを提供することを実現しました。

○提供するサービス機能(抜粋)
・リアルタイム位置情報通知
・危険運転通知
・速度超過通知
・ジオフェンス機能(指定エリア侵入・逸脱通知)
・盗難検出通知
・運転レポート(日報・月報)
など


自動車新聞社からのお知らせ
Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

LIGAREvol.24発売中「パナソニックのカーセキュリティ」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire