自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-05-11
改正物効法が成立、「2者以上の連携」が認定要件に
物流カテゴリ:物流 2016-05-09配信 |
| 印刷画面 |
改正物流総合効率化法(物効法)が5月2日、参院本会議で可決・成立しました。

改正前は、同法が支援対象とする「流通業務総合効率化事業」の認定を受けようとする際「一定の規模、機能を備える物流施設を中核とすること」が必須となっていましたが、この要件を削除。新たに「2者以上が連携して行う」ことを前提条件としました。

また、国の認定を受けた事業のうち海上運送法、鉄道事業法の許可などを受けなければならないものについては、関係法令の許可を受けたとみなすなど、行政手続きの特例を追加します。

物流業界では深刻な人手不足が進行しており、流通業務の省力化を後押しすることで、2者以上の連携に限定しながらも多様な取り組みへと対象を拡大するとのことです。

具体的には、モーダルシフトの推進、地域内配送共同化、輸送網集約(輸送機能と保管機能の連携)が認定対象となり、2者以上が連携して作成した総合効率化計画が大臣認定を受けると、(1)関連施設・設備に対する税制上の特例(2)計画策定経費に対する補助(3)事業開始に必要となる行政手続の一括化――といったメリットを享受できるようになります。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire