自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2017-03-14
上半期決算2億96万円余円の収益─交通共済協同組合理事会
物流カテゴリ:物流 2016-11-21配信 |
| 印刷画面 |

兵庫県交通共済協同組合(北野穰理事長)は11月7日、第2回理事会を開き、平成28年度上半期(4月1日〜9月30日)の契約・事故受理状況、収支決算を審議、原案どおり承認した。

契約台数は、対物(175台増)、車両(136台増)、対人(122台増)などいずれも増加した。事故受理状況は、対人共済で2件2人が死亡(前年同期同数)、対物共済は2件増(607件)したが、対人傷害は134件191人(同18件53人減)車両は106件(同4件減)などと減少した。

上半期収支決済は、収益23億1千50万335円、費用21億953万6千675円で税引前利益は2億96万3千660円となった。好調な決算は荷動きの悪化と見る一方で、事故防止の取り組み成果との声もある。なお同共済協組は、10月26日、業務委員会(奥野澄雄委員長)を開催したが、今月から実施した「無事故トライ150運動」(1千819チーム参加。前年66チーム増)は年々申込みが増加しているものの、「楽しんで参加しているか」「事故の減少につながっているか」などの声が出て、見直し検討が議論された。従業員アンケートの実施等も視野に入れ、事務局で検討することとした。


自動車新聞社からのお知らせ
Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

LIGAREvol.24発売中「パナソニックのカーセキュリティ」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire