自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2021-02-15
天の空舞う 衛星「みちびき」―日本版GPSとなるか
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2010-09-12配信 |
| 印刷画面 |
 位置情報の高精度化(GPS)を目指す準天頂衛星「みちびき」を載せたH2Aロケット18号機が9月11日、午後8時17分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。約28分後に分離し、打ち上げに成功した。ロケット打ち上げ時の天候は晴れ、26℃、西南西の風(3.7m/s)。

 「みちびき」は米国の全地球測位システム(GPS)を補完し、高層ビルの谷間や山間部などで使用できることを目指し、開発され、日本の真上を通る軌道からGPSを送る。測位の精度は約1メートルと約3センチ、本体の高さは6.2mで重さは4トン。総費用は735億円で寿命は最低10年。太陽電池パネルを広げた状態の長さは25.3メートル。総務、国土交通、文部科学、経済産業の4省が共同で開発した。今後、年末にカーナビなどへの実証実験を行う予定。実験の際に財団法人衛星測位利用促進センターが専用受信機を貸し出す。

 当初、「みちびき」は官民共同での開発が検討されたが、調整が難航した経緯がある。4省が共同で開発に臨んだことに対して、縦割り行政の弊害を指摘する声もある。ただ、衛星1機が日本の上空にとどまれるのは約8時間で、24時間の体制で臨むには更に3機必要だとされ、導入には約700億円が必要だという。

 


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire