自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2021-02-15
改造EV車ビジネスモデルを模索―ユアサM&B松本起久央部長
販売 (ディーラー/エコカー/新商品)カテゴリ:販売 (ディーラー/エコカー/新商品) 2010-12-01配信 |
| 印刷画面 |
ユアサM&B松本起久央部長
ユアサM&B松本起久央部長
 改造電気自動車ビジネスに積極的に取り組んでいるユアサM&Bは、大阪府の大阪産EV開発プロジェクトから助成を受け、リースアップ後の軽自動車(バンタイプ)をターゲットに、コンバートEVを製作し、新たなビジネスモデル構築を模索している。また、近畿トラック協会などと連携しEVトラックなど3台の開発を行い改造電気自動車のビジネスを模索している。

 そこで、同社の松本起久央部長に改造電気自動車の開発状況などについて聞いた。
 
 ―どのようなビジネスモデルを考えていますか。
 当社が改造電気自動車を製作して発売するより、電気自動車へ改造するために必要な機器のキットを提供するなど検討しています。整備事業者を対象に改造キットと技術を提供していこうと考えています。ですが、まずは実証実験として試作車の開発に取り組みたい。
 
 ―キットでの製作期間はどれぐらいですか。
 エンジンミッションを降ろせる技術があれば、早ければ1週間で組み立てが可能です。
 
 ―製作の段階で困ったことはありますか。
 ちょうどいい、定格の15〜20キロワットぐらいのモーターがないこ
とです。ですので、アメリカ製の3〜40万円するモーターを採用しました。国産であれば10万円台で購入できると思うのですが。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire