自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2020-09-28
『あわじ環境未来島構想』地域活性化モデルとしてEV事業を推進 (1/2)
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2011-08-22配信 |
| 印刷画面 |

 兵庫県は8月10日から淡路島を対象にした電気自動車等の導入補助制度をスタートさせた。
 対象車両は電気自動車とプラグインハイブリット車で、淡路島内に本社または事業所がある事業者が対象になり、リースも認められている。
 コンバートEVは対象ではなく新車のみ対象となる。
 補助金額は1台当り30万円で台数は100台まで。
 申請期間は8月10日から来年の3月30日までだ。
 申請や問い合わせは㈶淡路島くにうみ協会で受け付けている。
 兵庫県としては、今回の補助制度で県が提唱している『あわじ環境未来島構想』を推進したい考えだ。
 あわじ環境未来島構想は国が進めている地域活性化総合特別区域に申請し、「環境未来都市」として地域再生のモデルケースになるのがねらい。
 構想では、島内に「環境未来地区」という重点地区を設定し電動コミニティバスの運行やマイクロEVの公道走行の社会実験などを通し、淡路島をEV導入による地域活性化の特区にしようと考えている。

>>2ページ目へ続く


1ページ目 2ページ目 次のページへ

自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire