自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2020-09-28
クラウド型、タクシー配車システムを導入―kmグループ (1/2)
交通・観光(バス/タクシー/レンタカー)カテゴリ:交通・観光(バス/タクシー/レンタカー) 2012-04-19配信 |
| 印刷画面 |
1人で80台を配車
1人で80台を配車日本ユニシスのタブレット
日本ユニシスのタブレット
クラウド型の新配車システム導入
 2016 年6月のデジタル方式無線への完全移行が迫るタクシー業界。しかし、アナログ方式からの切り替えが進んでいないのが実情だ。そのような中、スマートフォンを活用したクラウド型の新配車システム「スマートタクシー」の導入が始まった。
 新配車システムは、日本ユニシスとkmホールディングスが共同開発。京浜交通圏(横浜市、川崎市、横須賀市 及び 三浦市)で事業展開するケイエム国際タクシーで、昨年11月に本稼働させた。
 従来のタクシー無線に代わって携帯電話回線を使い、車載端末には汎用性の高いスマートフォンを採用したのが特徴。
カーナビ機能や配車指示受信機能を備え、GPSで車両位置を把握し、顧客に最も近い車両に配車指示を送る。乗務員の操作は画面にタッチするだけで、高齢の乗務員でも簡単に使いこなせ、配車完了まで1秒程度で済む。

導入コストはデジタル無線の7割程度
スマートタクシー導入には、タクシー無線のアナログからデジタル方式への完全移行が背景にある。
 デジタル方式への移行には新たな設備投資が必要だが、厳しい経営を強いられているタクシー事業者にとっては、かなりのコスト負担になる。日本ユニシスによると、全国に約21万台ある無線タクシーのうち、約7割がアナログ無線のままだ。
 日本ユニシスによると、「デジタル方式の無線システムとTCO(維持管理も含めた総コスト)で比べた場合、スマートタクシーならその7 割程度のコストに抑えられる」とのこと。
 このように導入コストがデジタル無線に比べ抑えられる。
需給バランスや低額運賃、LPG 車の生産中止など様々な問題が取り巻くタクシー業界にとっては朗報だ。
 特に、まだアナログ回線の中小タクシー事業者にとって、廉価のデジタル無線だけではなく、新たな選択肢が増えたことになる。
>>2ページ目へ続く


1ページ目 2ページ目 次のページへ

自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire